コラム孫右ヱ門

冬の茶園


2018年12月19日

今年も残すところあと半月を切りました。
12月は暖かい日が続いていると思えば、雪が降りそうなほど寒い日もありましたね。
畑仕事をしておりますと、このところの気候変動を肌身で感じます。

12月の今頃になると、秋にふんだんに撒いた有機肥料で土がふかふかになってきます。
そして、肥料の栄養を十分に吸い取ったお茶の葉は艶やかに輝きます。

もし、冬の茶園を見る機会があれば、お茶の葉をじっくりご覧になってください。
お茶の葉がテカテカと艶やかに輝いていれば、その茶園ではたくさん良質の肥料を与えていること、
お茶の樹が肥料の栄養を十分に吸っていること、茶樹が元気であることのバロメーターになります。
そして、初夏の茶摘みの後、番刈りと言って膝丈くらいに刈りそろえたお茶の木はというと、夏や秋を超えてこんなにも大きくなっています。
茶園の場所によってばらつきはありますが、だいたい平均的な身長の女性の胸のあたりまで伸びています。
茶園によっては背を越す勢いのものもあります。

現在、茶園では、「新芽切り」の作業をしています。
高く伸びた茶樹から出た新芽を手作業でカットしていきます。
冬にお茶の新芽を切るのは、茶樹の高さをだいたい揃えて、来年の初夏に出てくる新芽の大きさを揃えるためです。
新芽の大きさが不揃いになると、摘んだ葉を均一に蒸すのが難しくなります。
また、お茶摘みさんはほとんどが女性ですから、あまり大きくなってしまうと、背伸びして摘まなくてはならなくなります。

冬の畑チームは、雪だるまのように着込んで作業をしています。
特に午前中、朝露に濡れた葉は冷たく、手袋をしていても指先の感覚がだんだんなくなっていきます。

全ては来年のお茶のために、こうして冬の間も手間暇かけて大切に育てています。

こうして大切に育てた孫右ヱ門のお茶を、大切な方への贈り物や、お正月の特別なお抹茶にいかがでしょうか?

孫右ヱ門の抹茶は、以下のサイトでご購入いただけます。
孫右ヱ門オンラインショップ
https://magouemon.stores.jp

高島屋オンラインストア
http://urx.red/OBzR

さとふる
https://www.satofull.jp/products/list.php?q=孫右ヱ門&cnt=60&p=1
さとふるでは、現在寄付額の最大10%、Amazonギフト券プレゼントキャンペーン中です。

ふるさとチョイス
https://www.furusato-tax.jp/search?q=孫右ヱ門

「さとふる」「ふるさとチョイス」では、ふるさと納税寄付のお礼品として孫右ヱ門の商品をお受け取りいただけます。
ふるさと納税で寄付した金額はその年の所得税より還付、翌年度の個人住民税より控除されます。
さらに、サラリーマンの方は面倒な確定申告が不要な制度があります。
詳しくは、「さとふる」「ふるさとチョイス」のサイトをご覧ください。